記事詳細

高畑充希、SNSバッシングにもの申す 「言葉でグサグサと刺され…気付けば心が死んでいました」 (2/2ページ)

 一方で“共演者キラー”としてたびたび週刊誌をにぎわしてきた。

 「そのたたずまいとは裏腹に“肉食系”と報じられることがよくあります。そうしたイメージがバッシングにつながることも少なくありません。女性としても魅力があるということなんでしょうが」と女性誌編集者。

 高畑自身、たびたびこうした報道に反論のような切り返しをしてきた。しかし自身を“ドライな性格”と評するも、インスタでつづったように“ちょっとくらいは麻痺させられるスキルを手に入れている私たちですが、やっぱり傷ついちゃう。ニンゲンだもの”というのが隠すところのないホンネなのだ。

関連ニュース