記事詳細

【検証!芸能界 ポストコロナを生き抜くために】音楽業界にも打撃! 求められる経営転換 (1/2ページ)

 コロナ禍は歌謡界も直撃した。五木ひろしは14本(2~6月)、八代亜紀が5本(6~7月)、石川さゆりは8本(3~7月)、松山千春は23本(4~7月)。コロナ禍で延期になった大物歌手のコンサート本数だ。

 夢グループは86会場90公演が延期になった。さらにEXILE、星野源、福山雅治といったアーティストも同じだ。とりわけボブ・ディランは全15公演が中止になり、チケット収入だけで7億円の損失とか。イベント業界のチケット代の損失は200億円以上ともいわれている。

 歌手たちは断腸の思いで延期を決断した。なかでも影響が大きいのは稼ぎの中心が劇場になる演歌歌手たち。市町村のホールや公民館は、お上が「自粛」といえば終息するまで借りられない。第2波、第3波が来れば、中止の可能性も高い。

 平成になって演歌歌手のCD売り上げは全体の10%に満たず、収入のメインは公演。そのせいかNHK紅白歌合戦に出場して顔を売るのが最大の目標になる。演歌歌手の受難はこれからも続く。

 一方でバンド系の事情は少し違う。彼らはライブハウスなどで無観客ライブを行い、サザンオールスターズのように有料配信でギャラを得る。さらにネットでの“投げ銭”もバカにできない。この方法はすでに定着し、ミュージシャンの大きな収入源になっている。

 この方法もいずれは限界がある。生の演奏を聴き、踊りが見られるコンサート活動を求めるファンの声は後を絶たない。

関連ニュース