記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「撮影再開」 感染予防で人員削減、口は出すが金は出さず (1/2ページ)

 1日の新型コロナの感染者数が減ったり増えたり、なんとなく先行き不透明な感じがまだまだありますが、テレビ業界ではそこそこ撮影再開に向けて動き始めました。とはいえ「スタジオに来るのはMCのみで他はリモート出演」というルールの局がまだあったりとか、完全復活にはほど遠いんですけど、まあ一歩前進です。

 特に、ドラマがずいぶん撮影再開し始めているみたいですね。ドラマはなにせ出演者もスタッフも多人数ですし、長時間拘束される現場なので、真っ先に撮影が止まってましたから関係者はさぞ嬉しいでしょう。

 と思ってたらドラマのスタッフから、こんな話を聞きました。各局とも感染予防対策マニュアルには「スタッフの人数を減らすこと」と書かれていることが多いそうなのですが、仕事の量は感染予防のために激増してるというのです。

 例えば、役者さんは演技をしているとき以外はずっとマスクをしていなきゃいけないので、マスクを付けたり外したりメイクを直したり…とすごく面倒ですし、セットも誰かが触ったものはすべてアルコール消毒。マメに換気もしなきゃならない。なんやかんやいちいち大変で、ホントはスタッフを増員したいくらいなのに、減らさなくちゃならない。

 しかも、そのスタッフの話によると、「感染予防策はいろいろしなきゃいけないが、局から追加予算が出ているわけじゃない」。つまり、言ってみれば「口は出すが金は出さない」状態なのだそうです。感染予防するとなると結構お金が余計にかかるので、それを工面するのに四苦八苦。予算がないから人なんて増やしたくても増やせないし、金銭的にも物理的にも現場はますます大変な状況に追い込まれています。

関連ニュース