記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】大の大人とも闘う少女! 「少女A」ヒット直前の裏で…不可解なプロモーター外し (1/2ページ)

 1982年7月28日に発売された中森明菜のセカンドシングル「少女A」はチャートが初登場40位と思わしくなかった。だがワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽宣伝課で明菜のプロモートを担当していた富岡信夫氏(現モモアンドグレープスカンパニー代表取締役)はユーザーの盛り上がりを肌で感じ始めていた。

 「デビュー曲の『スローモーション』とはレコード店の動きが明らかに違っていました。われわれはレコード店の仕入れ状況など毎日の動きを“デイリー”といってチェックしていますが、『スローモーション』と違って、とにかくスピード感があった。メーカーのプロモートはその動きを見ながら宣伝展開も考えますが、『少女A』は、初動を見ただけでこれはイケると感じていました」

 が一方、富岡氏には悩ましい出来事があった。

 「今だから言えますが『少女A』の発売前後で明菜の現場を一時的ですが外されていたんです」

 どういうことか?

 「詳しい理由はよく分かりませんが事務所の意向だと思います。結局、メーカーの人間なのに明菜と仲が良すぎるというか…。自分で言うのもおかしな話ですが明菜とは本当に気が合いました。同じ絵を見ても感覚があったというか…。それをよく思わない人がいたのかもしれません。仲がいいといっても私自身は明菜に悪い部分はちゃんと説明して注意もしていました。明菜はそれを理解して信頼してくれていたと思います。ところが現場のマネジャーはよく代わっていました。『少女A』までに3人ぐらい代わったのでは。理由はわかりませんが『今度、明菜を担当することになりました』って…。結局、レコード会社のプロモーターと事務所のマネジャーは立場や役割もまったく違うし、明菜自身も態度が違っていたはずですが、事務所からすると面白くない部分も多々あったでしょう」

関連ニュース