記事詳細

木下優樹菜さん、引退発表も虎視眈々!? 仰天の復帰策とは (2/2ページ)

 「雨上がり決死隊の宮迫博之のようにユーチューバー転身がうまくいくケースも出ています。テレビはスポンサーの意向が強く働くので、タピオカ騒動でイメージダウンした木下さんがテレビに復帰できる可能性はかなり低い。ですから、YouTubeを主戦場しようと考えていたようです」と芸能リポーター。

 「事務所とたもとを分かつ形での引退となりましたが、そこには、取材攻勢を受ける子供を守ろうとする元夫の藤本敏史(49)の『一度身を引いたほうがいい』という意向もありました。木下さん自身も、そのうえで沈静化したところで、ユーチューバーなどで復帰しようと考えているようですが、果たしてそんなにうまくいくのかどうか」とも。

 世の中はそんなに甘くはない。

関連ニュース