記事詳細

報道ステーション“小木アナシフト”で富川アナ崖っぷち!? コロナ感染に大バッシング (1/2ページ)

 テレビ朝日がいよいよ“小木シフト”を強化してきた。10月改編で日曜の報道番組「サンデーステーション」を夕方から夜9時に移動し、キャスターに小木逸平アナ(46)と森川夕貴アナ(26)を置くというこの人事、「報道ステーション」の富川悠太アナ(43)にとっては崖っぷちに立たされることになりそうだ。

 テレ朝の日曜夜9時といえば、以前は「日曜洋画劇場」が放送されていた娯楽の時間帯。平日夜の「報道ステーション」、土曜夜の「サタデーステーション」に続いてのゴールデンプライム帯(午後7~11時)のニュース番組となる。

 小木アナは現在「報ステ」の月~水曜キャスターに加え、土曜日にはTOKIOの城島茂(49)がメインキャスターの「週刊ニュースリーダー」、日曜日には少年隊の東山紀之(53)がメインの「サンデーLIVE!!」にも出演。

 しかし、10月以降は「サンデーLIVE!!」は降板になるとされており、「報ステ」などは調整中という。

 「報ステでは、もともとは金曜日のメインキャスターでしたが、富川アナがコロナ感染で休養に入った際、代打で入ったことで局内の評価が上がり、お茶の間からの評判も上々でした。このため、富川アナ復帰後も月~水キャスターに残留したほどです。この人気が今回に人事につながりました」と同局関係者。

 さらにこう続ける。

関連ニュース