記事詳細

ゴクミ、中村江里子、中谷美紀 国際結婚がうまくいった理由 (1/2ページ)

 綾瀬はるか(35)と韓国俳優ノ・ミヌ(34)の交際報道が注目を集めているが、海を越えた男女の交際には様々な障壁があるのも事実。それでも障壁を越えて国際結婚した芸能人カップルは少なくない。芸能界の国際結婚事情を大きく変えたのは、F1レーサーのジャン・アレジとの“フランス婚”で注目を集めた後藤久美子(46)だろう。

 1995年に人気絶頂の21歳で世界的レーサーとの婚約を発表したゴクミだが、交際を始めた頃はアレジと前妻との離婚は成立していなかった。今なら“略奪婚”と騒がれかねないところだが、当時の世間の受け止め方は違ったという。

 「1990年代のバブルの名残りとF1ブームもあって、祝福ムードが大きかった。ゴクミは『国民的美少女』として注目を浴びたが、まだ若かったため代表作は『男はつらいよ』くらい。それが今では、たまに日本に帰ってきて活動してもセレブタレントとしての地位を確立している。3人の子供にも恵まれ、最近は娘も芸能活動を始めた。アイドル女優から、結婚によって自分の価値やブランドをさらに高めるのに成功した。日本では馴染みがない事実婚を心配されましたが、いまも家庭はうまくいっている」(芸能リポーター・石川敏男氏)

 ゴクミに続くようにフランス人との“セレブ婚”でステータスが上ったのが、元フジテレビアナウンサーの中村江里子(51)だろう。

 2001年にフランス人実業家のシャルル・エドゥアール・バルト氏と結婚した中村は、フランスで暮らしながら時折日本で活動するスタイルで、パリ関連の書籍を出すなど文化人として活動の幅を広げた。

NEWSポストセブン

関連ニュース