記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】五輪は来年に延期されたけど… 幻の聖火ランナー、檜原村を走る! (1/2ページ)

 新型コロナウイルス禍で、本当の今年の主役的なイベントだった東京五輪が延期になったことも遠い過去のようになってしまいました。あれだけの盛り上がりはなんだったのでしょうか。

 私もこの五輪の開催を楽しみにしていました。それは、こんな私でも栄えある聖火ランナーに選ばれたからなのです。

 私が走るはずだったエリアは親善観光大使に任命してくれた東京都檜原村です。本来であれば12日に走ることが決まっていました。聖火ランナーに決定してから、仲間を誘って前日に檜原村に乗り込んで当日を迎えようと日程を調整していたのですが、開催延期という憂き目に。

 しかし、私も仲間もかなり前から予定を調整していたので、延期となってもスケジュールはおさえていました。ならば「延期になってしまったけれども、せっかく日程を調整してくれた仲間と檜原村に行って、『幻の聖火ランナー』をやってやろうじゃないか!」と密にならないよう決行に至りました。

 この時期の檜原村はキャンプや川遊びや観光でたくさんの人でにぎわうシーズンです。しかし、コロナの影響で檜原村はハイシーズンにも関わらず、密どころではなく閑散としていました。

 もし五輪が日程通り開催されていれば、檜原村もあふれんばかりの人で聖火ランナーも沿道の皆さまからの声援を受けて颯爽と走ったことでしょう。今回はあくまでも「幻の聖火ランナー」なので、道路誘導員の方が持っている誘導灯を聖火トーチ代わりにして走ります。

関連ニュース