記事詳細

横浜流星、新型コロナ感染に芸能界激震

 人気俳優の横浜流星(23)が新型コロナウイルスに感染したことで、芸能界に衝撃が走った。多くの作品にかかわる人気者だけに、さらなる感染拡大も懸念されるからだ。ドラマや舞台で浜辺美波(19)や伊藤健太郎(23)らと共演。保健所は濃厚接触者の確認を急いでいる。

 所属事務所が21日、発表。横浜は20日夜、舞台「巌流島」の稽古後、倦怠感を覚え、発熱もあったため医療機関で受診。抗原検査の結果、陽性と判明した。PCR検査の結果は出ていない状況だったが、入院して治療を受けているという。

 保健所は濃厚接触者の確認を進めているが、稽古には18日から3日間参加し、殺陣などを演じた共演者やスタッフが指定される可能性もある。「巌流島」は8月6~11日の日程で明治座で予定された東京公演が中止となった。

 さらに8月12日から日本テレビ系でスタートする主演ドラマ「私たちはどうかしている」も8話中、7話までは収録済みというが、同局は「撮影は当面休止し、放送開始日の変更も含めて検討中」としている。