記事詳細

【芸能界“衝撃”事件簿】志村けんさんと岡江久美子さんの死 多くの人が本気でコロナ恐れるようになった (1/2ページ)

 コロナ禍もクルーズ船が取り沙汰されていたころは、まだ多くの人のなかで対岸の火事にすぎなかっただろう。それがリアルな恐怖となったのがコメディアン、志村けんさんの死の一報を聞いてからだ。

 志村さんは3月23日に感染が判明して、わずか6日後の同月29日、新型コロナウイルスによる肺炎のため、70歳で急死したのだ。

 「志村さんの感染が報じられたのが24日でしたから、一般の方々からみると、本当に入院から死去まであっという間でした。それまでまだコロナウイルスを軽くみていた人も、事の重大さに気づかされました」とスポーツ紙記者。

 志村さんが夜の街に出入りしていたことから、感染ルートも取り沙汰されたが、結局解明されたとは言い難い。

 「改めて志村さんの足跡が紹介され、コント一筋で生きてきた偉大なコメディアンであることが、若い世代にも伝わったようです。追悼番組は軒並み20%台の視聴率をたたき出し、コロナ禍で再放送・再編集が中心となった番組編成が救われたのも事実です」と民放関係者は明かす。

 そして、4月23日には女優、岡江久美子さんもコロナウイルスによる肺炎のため、63歳で急死した。

 「岡江さんも4月6日に入院して、わずか2週間ちょっとで劇症化し、死に至っています。コロナの恐ろしさを、まざまざと感じさせることになりました」と先の民放関係者。

関連ニュース