記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】頭が上がらない? 東出昌大を「見届けた」杏の離婚発表 (1/2ページ)

 「この度、私たち夫婦は離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます。今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたいと思います」

 8月1日、俳優の東出昌大(32)と女優の杏(34)が連名で離婚を発表した。今年1月週刊文春が東出と女優の唐田えりか(22)の不倫をスクープ。東出は事実を認め謝罪したが、妻が妊娠中に浮気を重ねていたことが発覚し、世の女性から猛烈なバッシングを受けていた。育児に協力的なよき夫のイメージは崩れ、出演した4社のCMが打ち切りに。

 「映画『寝ても覚めても』の共演がきっかけで唐田と2年以上不倫関係を続けていた東出。クリーンなイケメン夫のイメージと真逆の女好きの顔が暴露されました。CMなどの違約金は2億円といわれており、唐田と別れた東出は関係修復に必死でした。しかし家に帰ろうとする東出を杏はかたくなに拒絶していました」(女性誌デスク)

 東出と杏はNHK朝ドラ「ごちそうさん」で夫婦役を演じたことがきっかけで交際し、2015年元旦に結婚。4歳の双子の女児と2歳の男児をもうけ、おしどり夫婦とされた。子供のために杏は離婚を思いとどまるのではという見方もあったが…。

 「2月に都内のイベントに登場した杏は騒動について謝罪し、『今後のことはゆっくり考えさせていただきたい』と話し、気丈な態度が絶賛された。そのとき左薬指に指輪がなかったことを考えると、すでに離婚の決意は固まっていたのかも。春先に弁護士を立ててほしいという申し入れが杏からあり、東出は話し合いをすればなんとかなると期待していたようですが、彼女の気持ちはノー。現実的に夫の違約金を夫婦で支払うという話もありえない。杏は周囲に『別れるから』と吹っ切れた様子で話していたようです」(前出・女性誌デスク)

関連ニュース