記事詳細

相次ぐグラビア・アイドルの「コロナ感染」で考えられる5つの危険 鈴木ふみ奈さん、天木じゅんさんが感染を発表 (1/3ページ)

 現役グラビア・アイドルの天木じゅんさん(24)や鈴木ふみ奈さん(30)が、コロナウイルスに感染したことを発表しました。両者は自宅療養中で、現在は快方に向かっているとのことでファンは胸を撫で下ろしたことでしょう。

 文字通り、裸一貫のお仕事です。暑かろうが、寒かろうが、風邪気味だろうが、服を脱いで長時間カメラの前で素人ではおよそ無理であろう難解なポーズを取り続ける体力仕事です。所属事務所はもちろん、現場のフォローがあってこそ成り立つお仕事ですが、コロナ感染で懸念しなければいけない点もあります。

 関連記事:ブレイク必至 元鉄工所勤務女子グラビアが話題 有村架純似の100センチHカップ美少女が君臨!

■撮影現場は意外と「密」です

 コロナが蔓延してから数ヶ月が経ちますので、いろんな撮影現場でも様々な予防対策が徹底されていることだと思います。しかし、白ホリなどの撮影スタジオではどうしてもスタッフ通しの距離が近かったりと密になりやすい環境です。撮影を円滑に進めるためには致し方ないことですが、同じ空間にいたスタッフの健康状態が心配されます。

■スタジオの従業員・出入り業者

 スタジオで働く事務員やカメラアシスタントなどの体調も懸念すべきでしょう。また、お昼ごはんなどを運び入れてくれる出入り業者などとの接触も考えられます。彼らが感染源かうつされた方かは定かではありませんが、そこから別の撮影隊やお客への感染も突き止めなければなりません。

TABLO

関連ニュース