記事詳細

【YFM 夕刊フジMusic】ジミー桜井の限りなき戦い(中) 「当時の俺に戻してくれた」ライブを観に来たペイジが認めてくれた! (1/2ページ)

 ジミー・ペイジ道を貫き、MR・JIMMY=ジミー桜井が有名になっていけば、日本よりもLED ZEPPELINのマーケットが大きい海外からの目に留まることは必然だった。アメリカでの初プレイは、トリビュートバンドとして全米で人気を博していたLED ZEPAGAINに声をかけられ、ハリウッドのステージに飛び入り参加したのが2010年のこと。12年には正式加入を打診され、即決はしなかったが、10月16日に渡米してトライアル的な3公演に臨んだ。

 「そのころはまだ日本のサラリーマン。アメリカでバンド活動なんて普通では考えられないことですが、働いていたのが楽器の輸入業者だったことが大きかったですね。社長はジョージ吾妻さん(カルメン・マキ&5Xなどのギタリスト)。後押ししてもらいました」

 そして、渡米前日の15日に驚くべき出来事が起こった。07年のツェッペリンの再結成ライブ“CELEBRATION DAY”のプレミア試写会&会見のために来日したジミー・ペイジが、何とMR・JIMMYのライブを青山まで観に来た!

 「関係者の方から連れて行きたいと連絡をいただいて。『俺が良かったころの演奏をやってほしいな』とペイジが言っているというので、セットリストは急遽(きゅうきょ)、1973年の『狂熱のライブ』のころのものに替えました。会場に来たペイジは後ろのほうで見ていてくれて、ずっと指をたたきながらリズムを取って、僕のやっていることに反応してくれていました」

関連ニュース