記事詳細

山下智久「活動自粛」にジャニーズ苦悩 “お持ち帰り”しなかった亀梨和也は厳重注意

 処分は大甘か、それとも厳しいか。未成年女性との飲酒と“お持ち帰り”疑惑を報じられた歌手で俳優、山下智久(35)が一定期間の芸能活動を自粛することになったのだ。今回は相手の女性が年齢を偽っていたとあって、山下にジャニーズ事務所がどのような処分が下すのか注目されていた。

 飲み会に同席していたKAT-TUNの亀梨和也(34)も厳重注意となった。17日、ジャニーズ事務所が発表した。

 「文春オンライン」が今月7日に疑惑を報道。2人が7月下旬、東京・六本木のバーで未成年の女子高校生モデルが同席した飲み会に参加し、その後、山下は東京都内の高級ホテルで未成年女性と過ごしたという。

 ジャニーズ事務所は、2人に事実確認した上で、参加者は成人であると紹介されたとし、飲み会に未成年女性がいた認識はなかったと説明。山下の“お持ち帰り”疑惑は明記していないが、山下の処分が亀梨よりも重いことからも、未成年との認識がなかったとはいえ“お持ち帰り”についても事実上認めた形だ。

 「副社長の滝沢秀明氏にとって、山下は一番目をかけていた後輩。“山P”の愛称も滝沢氏が名付けたものです。とはいえ、報道以降、ネット上での批判が多く、さすがにスルーできないと判断したようです。最終的な決定は藤島ジュリー景子社長。若いタレントに示しをつけるためにも厳しい処分となりました。このタイミングには亀梨の主演映画の公開が間近というのもあったようです」と週刊誌記者。

関連ニュース