記事詳細

山下智久“お持ち帰り”疑惑で退社か残留か… 海外志向もタブーの「未成年」騒動 (2/2ページ)

 「ジャニーズにとって海外進出は昨年死去した創業者のジャニー喜多川さんの悲願。山下はそれを実現させるためのキーパーソンだったわけです。しかも彼は国内でも数字(視聴率)を持っている。余人をもって代えがたい人材だけに、事務所的には独立は避けたいところなんです」と先の週刊誌記者は続ける。

 しかし、今回の騒動で風向きが少々変わってきている。

 「未成年のお持ち帰り疑惑が海外メディアでは批判の対象になっているのです。たとえ女性側は年齢を偽っていたとしても、軽率のそしりは免れない。ましてや海外は未成年に対する性的な話題はご法度ですから。これから本格的に海外進出という出足でつまずいた形です」とは海外メディアに詳しいウェブサイト編集者。

 一転、残留を決めたともいわれ、山下にとってはいったん仕切り直しといったところか。脇の甘さがすべてを狂わせる。

関連ニュース