記事詳細

【あの人も愛した 京ぎをん浜作】とんかつの味を忘れなかった小津安二郎 時代劇スターたちの好物は名物の鯛 (2/2ページ)

 時代劇スターといえば、市川右太衛門、片岡千恵蔵、月形龍之介らも常連だった。右太衛門は妻が先に浜作にいて、撮影後に店で合流するのが日課となっていた。業界では「御大に用事があれば浜作に行け」といわれていたほどだった。

 当代森川裕之さんも、晩年の右太衛門が『旗本退屈男』そのままの明るさで店に来ていたことを覚えている。右太衛門が大勢を引き連れて現れるのに対して、千恵蔵は1人で訪れ、カウンターに座った。そんな風に個性の異なるスターたちだが、総じて好物は浜作名物のひとつである鯛だった。鯛といえばお頭。「やっぱりスターさんなので、ゲンを担ぐのでしょう」と森川さんは語る。

 ■大野裕之(おおの・ひろゆき) 脚本家、演出家。1974年、大阪府生まれ。京都大学在学中に劇団「とっても便利」を旗揚げ。日本チャップリン協会会長。脚本・プロデュースを担当した映画に『太秦ライムライト』(第18回ファンタジア国際映画祭最優秀作品賞)、『葬式の名人』。主著に『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店)など。

関連ニュース