記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】戦後75年…感慨を覚えた三浦春馬の遺作 NHK『太陽の子』 (2/2ページ)

 そういえば5年前(戦後70年)、広島テレビの朗読劇『いしぶみ』(1969年)を是枝裕和監督が語り部・綾瀬はるかで再制作している。「セカチュー」の劇場版とテレビ版でヒロインを競演し、是枝作品『海街diary』では長女と次女にふんした綾瀬と長澤が今、原爆の記憶を語り継いでいる。

 長澤は新作映画『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』ではコメディエンヌとして三浦春馬と共演している。その春馬が『太陽の子』で入水自殺しようとするのを必死で食い止めた柳楽優弥(デビュー作は是枝作品『誰も知らない』)。ラストシーンでは原爆ドームに入り、広島の空を見上げていた。 (新橋のネクタイ巻き)

関連ニュース