記事詳細

復帰の道が険しい山口達也と山下智久、草なぎ・稲垣との違い

 事件やスキャンダルでいったんは表舞台から姿を消しても、それを逆手にとって話題にする、または目立たない場所から少しずつ仕事に戻るのが芸能人のサバイバル術だ。とはいえ、復帰が最も難しいのがアイドルだ。

 「アイドルは“ファンがついてなんぼ”の世界なので、“対ファン”への考慮は、俳優や芸人とは段違いです」(スポーツ紙記者)

 元TOKIOの山口達也(48)は2018年2月に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、同年5月にジャニーズ事務所を契約解除になったが、「相手が未成年であることに加え、嫌がる相手に無理やりキスしようとしたことで女性ファンが離れてしまったことが重い処分につながったのでは」(石川氏)とのこと。

 元NEWSの手越祐也(32)は、緊急事態宣言中に女性を交じえて飲みに出かけていた不祥事が報じられ、活動自粛処分を受けた後、6月に事務所を退所。未成年女性との飲酒後、“お持ち帰り”したとして活動自粛中の山Pこと山下智久(35)も復帰の道は険しいと言われるが……。

 「山P自身は相手女性が未成年であることを知らなかったとされており、契約解除には至らないのではないか。山Pは滝沢秀明・副社長との関係も深く、コンサートなどから復帰するのでは」(同前)

 同じジャニーズでも、今と昔とでは「スキャンダル後」が大きく違う。

 元SMAPの稲垣吾郎(46)は駐車違反を発端とした公務執行妨害容疑などで逮捕(2001年)、草なぎ剛(46)は酔った勢いで公園で全裸になり、公然わいせつ罪で逮捕(2009年)された過去がある。

 「いずれも犯罪行為ですが、草なぎはわずか1か月、稲垣も4か月の自粛だけで、メンバーの冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で復帰しました。当時のSMAPの力は絶大で、NHKも民放各社もバッシングせず、容疑者ではなく『メンバー』などと報じていたほどです。昔は世間の声よりもタレントのほうがテレビ局への影響力が強かった」(同前)

 稲垣の復帰回は、同番組の歴代最高視聴率32.4%を記録した。

 ※週刊ポスト2020年9月11日号

NEWSポストセブン

関連ニュース