記事詳細

女優・松本まりかが放つ妖しい魅力 女性も憧れる存在に変化 (1/3ページ)

 最近、テレビのバラエティ番組を中心に、“あざと女”や“ぶりっ子”など、可愛らしさを過剰に表現するような女性の言動を、そうしたキャラとして楽しむ風潮が定着しつつある。ドラマオタクを自認するエッセイストの小林久乃氏は、そのトップランナーとして女優・松本まりか(35)の活躍に着目する。

* * *

 最近、女性の言う「嫌い」の価値観が読みづらい。ほんの少し前まで『嫌いなタレントランキング』の上位に食い込んでいたタレントや女優が、一気に女性からの支持を受ける現象が続いている。この新現象を生み出した先駆者といえば、田中みな実さんが即座に思い浮かぶ。でもこの夏は、女優・松本まりかさんの名前が欠かせないのだ。

 ◆溶かされそうなあの甘い声

 現在、連ドラ2作品に出演中の松本さん。『竜の道 二つの顔の復讐者』(関西テレビ、フジテレビ系)では、富豪の令嬢・霧島まゆみ役としてヒール役に。今まで誰にも真剣に愛されることのなかった、歪んだ性格を演じている。

 もう1作品は『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)。四谷怪談に登場する、お岩さん=四谷伊和役として妖怪に扮している。人間でいるときは優しいナース。でもその裏では夫の不貞行為を許すことができず、呪い殺してしまったという過去を持つ。どちらも役に対するイメージを全く裏切らず、良い感じにまりか風味が滲み出ている。

NEWSポストセブン

関連ニュース