記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】竹内まりや、松任谷由実、高橋真梨子…ベテラン女性歌手の気になる新展開 (1/2ページ)

 存在感のある女性アーティストたちが新しい展開を見せている。

 竹内まりやが41年のキャリアで初めて映像作品を発売する。『souvenir the movie~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~(Special Edition)』で、2018年11月公開の同名ドキュメンタリー映画のDVD/ブルーレイ化だ。

 これは00年の18年ぶりライブ『souvenir』、その後10年ぶりの『souvenir again』、さらに14年の33年ぶりのツアー『souvenir2014』のベストシーンで構成され、音楽映画としては記録的なヒットとなり14万人を動員した。

 今回は未公開のライブ映像や過去のMVを収録し、夫の山下達郎との夫婦スペシャル対談が掲載されたブックレットも封入。昨年デビュー40周年を迎えた竹内の集大成的な映像作品になる。

 松任谷由実は“刀剣ブーム”で社会現象となっているオンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の5周年を祝う新主題歌『あなたと 私と』を書き下ろした。新たな旅立ちを歌った歌詞と優しいメロディーが印象的な作品。

 「これは“奇跡のような偶然の出会い”の歌です。そこから新しい旅が始まります。そして一緒にくぐり抜けた闇を振り返る未来が必ず来ます。今、次の世界へと進んでゆくための力を私に託してくれた。刀剣乱舞のおかげで、これは“希望の歌”になりました。刀剣乱舞の士(もののふ)たちと共にこの歌が旅をし、成長し続けることを願っています」とユーミン。