記事詳細

大炎上の東出昌大は返り咲きも…唐田えりか、復活の目なしの不公平 長い沈黙がマイナスに (2/2ページ)

 「それでも、黒沢清監督の映画『スパイの妻』に出演するなど仕事は続いています。この映画はテレビ版が先にNHKで放送されました。民放もNHKも使ったのならと判断すれば、ドラマ復帰などもありえるでしょう」と放送関係者。

 一方、いまだに復帰の目がないのが唐田だ。

 「騒動以降、沈黙を続けていることがマイナスに響いています。こちらは世間的には、杏や子供がいる東出を誘惑したというイメージがいまだに消えていません。何かしら違う印象を作り出さないと、ずっとそのイメージを引きずっていくことになります」と女性誌編集者はいう。

 「彼女の事務所は女優が主力。もしバラエティーに強い事務所ならば、騒動をネタに換えるという手段もあったでしょう。後は、同じ事務所の女優のバーター出演に期待するしかありません。今なら元TBSのフリーアナ、田中みな実が移籍してきたばかり。ひっぱりだこの彼女のバーターならチャンスはあるかも」とも。

 追い風が吹くか、まだまだ逆風なのか。

関連ニュース