記事詳細

【ぴいぷる】山本恭司 感情揺さぶる大自然、母の死、そしてコロナ… 心で感じる音を込めて ニューアルバム「2020」発売中 (1/3ページ)

 心の深淵に迫る、6本の弦が紡ぎ出すストーリー。3年ぶりのソロアルバムには私小説ともいえる響きが詰まっている。

 「昨年9月の北海道ツアーのとき、釧路湿原をカヌーで下っていて、ものすごい衝撃を受けました。語りかけてくる手つかずの自然があまりにも大きすぎて、人間は何でこんなにちっぽけなんだろうかって。ミュージシャンって何なのか? 衝撃はひかずに、当日のライブはボロボロでした」

 その経験が、アルバムに着手するきっかけになった。ミュージシャンなら、壮大な自然にはやはり“音”で応えるしかない。録音を始めたのは今年1月からだ。

 「何億年も継がれてきた自然への畏怖の念を、歴史を遡る意味で逆回転も取り入れながら、『BILLION YEARS』に込めました。同時に、日本にはこんな美しいところもあるよって。昨年の10月に大好きな沖縄の首里城が焼け落ちてしまったこともショックで、その時点では今ある日本の美しさ、素晴らしさを伝える作品をつくろうと思っていました」

 しかし、1月の終わりくらいから事態は急変していく。

 「コロナの発生、肉親の死もありました。この1年、釧路での体験も含めて、僕の周囲で起こったいろいろなことに感情を揺さぶられて、表現したいという気持ちに変わっていったんです」

 SF的な要素が多かったこれまでのアルバムとは違い、新作はいわば“ノンフィクション”へ。

関連ニュース