記事詳細

紅白やはり無観客開催に 司会に嵐浮上、活動休止前最後の仕事か

 コロナ禍は日本の年末の景色も大きく変えそうだ。今年大みそかのNHK紅白歌合戦が、無観客で行われることになったのだ。無観客での開催は1951年に紅白の放送が始まって以来、初めてという。

 10日、NHKの前田晃伸会長が定例会見で発表した。会場は東京都渋谷区のNHKホール。無観客を逆手にとって、ステージを客席にまで広げた演出や、意外なアーティストのリモート出演が想定されている。

 そして司会の候補には嵐の5人が浮上。嵐は活動休止前のラストイヤーということもあり、特別な演出も検討されているという。「とにかく嵐はフル回転になるでしょう。5人そろって司会をすれば、リモート演出の幅も広げることができますから」と音楽関係者。

 放送時間は午後7時半~午後11時45分が予定されている。

関連ニュース