記事詳細

渡部建と不倫疑惑の女優がタロットで渡部復帰を占ってみた

 いまだに復帰の目処が立たないお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建の不倫騒動で、“相手女性”のひとりとして取り沙汰されたのが、現役セクシー女優の滝川恵理だった。

 滝川は過去、渡部からツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)が来た事実をSNSに投稿しており、騒動当時、これがネット民に“発掘”され、不倫相手として名指しされたのだ。騒動から3か月、滝川本人が真相を明かした。

 「デビューしたばかりの10年前、たまたま渡部さんや数人の芸人のツイッターをフォローしていました。そうしたら渡部さんから『お疲れ様』とDMが来たんです。その後、『住まいは?』、『普段の行動範囲は?』と矢継ぎ早にメッセージが来て……」

 警戒した滝川は「私は軽い女ではない」と伝えたところ、渡部からのDM頻度は落ち、自然とやりとりが終わったという。

 「彼とはDMだけで会ったこともない。渡部さんからDMが来た事実をSNSに投稿したのは、彼の軽さを周知させたかったからです」

 そう話す滝川はいま占い師としても活動中。西洋占星術やタロットなどの鑑定を受け付けている。そこで今回、渡部の復帰を占ってもらった。

 「タロットで見たところ、太陽と皇帝が逆位置で出ました。これは順調だった物事の失敗、信用の失墜を表わす一方、“自己中心的な態度を改める”という意味も持つ。どこかで会見なりをして区切りを付けない限り、復帰は難しいでしょう」

 陽の当たる場所に登場するのはまだ先か。

 ※週刊ポスト2020年9月18・25日号

NEWSポストセブン

関連ニュース