記事詳細

【CS・BS 今週の狙い撃ち】「犬の気持ち」理解できますか? 「動物なぜなに研究室」(スカパー!CS341 アニマルプラネット9月15日(火)午後8時30分)

 15日午後8時30分からスカパー!アニマルプラネットで始まるのが、「動物なぜなに研究室」です。これは、動物の生態を科学で解明する新感覚エンターテインメント番組です。好評につき、新エピソードがスタートするとのこと。

 動物はときに信じられないような行動や不思議な生態を見せます。そしてわれわれ人間は、疑問を持ちながらも、それが当たり前のように思うようになり、そのすごさ、不思議さを忘れがちだったりします。ウミガメはなぜ生まれた場所へ戻ってこられるのか? これは子供の頃に一度は思ったことのある疑問でしょう。しかし、人間年をとっていくにつれ、それが疑問でなくなっていくのです。

 サバンナからアマゾン熱帯雨林まで、世界中のさまざまな動物のすごい能力や変わった行動に隠された秘密を最新科学や実験でひもといていく、家族で楽しめるシリーズです。

 15日放送の初回は、イヌ、ナマケモノ、ウミガメ、ゲンゴロウなどが登場します。

 訓練すれば犬は人間の言うことをわかる、というのは多くの人が認識しています。が、逆に人間は犬の鳴き声を理解しているのでしょうか? 私は犬を飼っていないので実感としてわからないのですが、実は長らく飼っている人には犬の鳴き声によって犬の思いを理解し、意思の疎通ができているそうなのです。わずかな声の高低によって「ボールちょうだい」「寂しいよ」など、自然と人間も認識しているのです。ネアンデルタール人と現生人類は、同時期に存在していたのですが、現生人が生き残ったのは、犬=狼を飼い慣らすことができたからなんだそうです。

 古典落語の「狸」というネタの中に「子供と犬ってのは昔から仲良しだ」というセリフがあるのですが、これを知ると人類の生き残りを示している言葉のようにすら聞こえてきます。

 15日からの全10話、懐かしい動物の疑問が解決されますね。

  (横川メロディー)

関連ニュース