記事詳細

18代目ミニスカポリス・早坂まりな 「ぬるぬるスライム風呂」に挑戦

 18代目のミニスカポリスの早坂まりな=B85・W60・H80=がこのほど、YouTubeの「写真家鯨井康雄チャンネル」に登場し、「スライム風呂」に挑戦した。

 明るくて、天然ボケの癒やしキャラだけに、1回目はスライムの液を混ぜる順番を間違えて、なんと失敗。そこで今回はリベンジのスライム風呂。ダイナマイトボディーを隠し切れない極小ビキニでぬるぬるのお風呂に浸かって、スライムをたらーり。「水ではなくスライムです。気持ちいい」と満喫していた。

 「もともとはユーチューバーの間で風呂にいろいろなモノを投入する企画がはやっていました。一方、グラビアのイメージDVDではセクシーさを演出するためにローションが使われていました。最近は両者が融合する形でグラビアモデルのYouTubeやイメージDVDにスライムが使われるようになりました」とグラビアDVDメーカー幹部は解説する。

 7月に2冊目の電子写真集が発売された早坂だが、鯨井康雄氏が撮影した3冊目では、スライム風呂のシーンも使われるという。

関連ニュース