記事詳細

【鉄ドル・伊藤桃 “ぐう渋”居酒屋の旅】歌舞伎町で42年続く“ワンダーランド” 「番番」JR新宿駅

 ネオンきらめく東京・新宿は歌舞伎町。くるくると飲食店が移り変わるこの街で、42年間もたたずんでいる名店が『番番』。さくら通りの雑居ビルの階段を下りると、年季の入ったカウンター、壁に貼られた明治時代の新宿周辺地図や古時計…昭和レトロな空間がそこにはあります。

 カウンターは大将や店員さんを囲むコの字形で、もくもくと充満する香ばしい焼き鳥の匂いに期待が高まります。隣に座った若者2人組はコアなバンドの話で盛り上がり、向かいには夜の香り漂う妖艶なお姉さんと男性がにこやかに話し込んでいます。と、思えば、ひっそりひとりで読書をしながら飲む年配の男性も。これぞ“新宿”といえる多様なお客さんの中に紛れ込むのも乙なもの。

 お酒は燗酒、チューハイともに250円から。串も1本100円からと、その安さにも驚きですが、味ももちろんおいしい! 串以外のメニューも豊富で、私のお勧めは能登産の肝いり丸干しイカ。こってりと濃厚なイカのうまみがお酒のアテにたまりません。煮込み豆腐や馬刺しなど定番メニューもずらり。

 そうそう、ここのお酒はなかなか濃いめだと定評だそう。私も来るたびといつも楽しくほろ酔いになれちゃいます。お酒好きにはたまらない“せんべろ”ワンダーランドが歌舞伎町にはありました。

 ■「番番」は東京都新宿区歌舞伎町1の16の12 梅谷ビルB1F(03・3200・9354)。午後10時まで(変動あり、年中無休)。

 ■伊藤桃(いとう・もも) 鉄道アイドル、タレント。3月11日生まれ、青森県出身。青山学院大学文学部卒業。JR全線完乗した乗り鉄。渋い居酒屋めぐりも趣味。FM狛江『伊藤桃の小田急全駅ものがたり』(毎月第3、5日曜)に出演。ヴィレッジヴァンガードサイトでコラム連載中。著書に『小田急全駅ものがたり』『桃のふわり鉄道旅』。頑張る居酒屋をインスタグラム( https://www.instagram.com/itomomo_izakaya/ )でも応援中だ。スペースクラフト・エージェンシー所属

関連ニュース