記事詳細

華原朋美“逆襲”の一手! オヤジ殺しの魔性発揮か (1/2ページ)

 所属事務所から契約を解除された歌手、華原朋美(46)。独立ではあるが、事実上の解雇とされるだけに、今後の芸能活動は絶望的とみられたが、さっそく逆襲の一手に打って出た。そこには“魔性の女”の顔がのぞいているという。

 16日、YouTubeに公式チャンネルを開設した華原。アップされた動画は自宅のリビングのソファに座って、自撮りで語りかけてくるというシンプルなもの。

 17日時点で3本の動画が上がっている。最初の2本はあいさつ程度の内容だったが、3本目は12分ほどの動画。

 音楽家の高嶋ちさ子(52)から紹介されたベビーシッターをめぐるトラブルや、乗用車での物損事故などが報じられたことに対して、それぞれ反論する内容となっている。睡眠薬の過剰摂取などについても、きっぱりと否定している。

 「びっくりするぐらいの太い眉毛で、目もぼんやりし、しゃべりもゆったりとした話し方で、ちょっとおぼつかない感じのため、動画をみたファンから心配の声が上がっています。精神的に不安定な印象を受けてしまいます」と芸能ニュースサイトの編集者はみる。

関連ニュース