記事詳細

TOKIOにまだ未練? 釈放された山口達也、容疑否認の“思惑”

 酒気帯び運転の疑いで警視庁に逮捕されたTOKIOの山口達也元メンバー(48)が24日夜に釈放された。その後、警視庁は本人立ち会いのもと、自宅を家宅捜索したが、これまで容疑を認めていた山口元メンバーの供述に変遷があったためとみられる。否認したとも報じられる。その真意はいったい何だ。

 警視庁は24日に送検。東京地検は同日、勾留を請求したが、東京地裁が却下。さらに検察の準抗告も棄却したため、同日夜の釈放となった。

 午後10時ごろ、山口元メンバーは報道陣にコメントすることなく、車に乗り込んで警視庁を後にした。その後、自宅マンションでは、本人同席で家宅捜索が行われた。

 「飲酒をめぐる供述について裏付け捜査をするための捜索です」と週刊誌記者。

 「当初、警察の調べに酒が残っている自覚があった旨の発言をしていました。しかし検察には、酒を飲んだのは逮捕前夜の21日午後9時から22日午前0時ごろまでとし、その後は寝たと話しています。そして22日午前9時ごろに起床したといいます。本人の認識を争うつもりでしょう」と先の週刊誌記者。こうした供述の変遷を受けて、警視庁は家宅捜索をするに至ったという。

 「TOKIO合流どころか、芸能界復帰は絶望的とみられていますが、本人にはまだどこかに復帰したい思いがあるのでしょう」と音楽関係者。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は「0・15ミリグラム以上のアルコールが検出された以上、『寝て、酒が抜けていたと思った』と弁解しても、略式起訴で50万円以下または30万円以下の罰金刑となる可能性が高い。勾留請求したことで検察は『酒気帯び運転』よりも一段悪質な『酒酔い運転』での起訴を目指している可能性がある。ただ現場の警察官が逮捕容疑を『酒気帯び』と認定しており、釈放された以上、難しいのではないか」と語った。

関連ニュース