記事詳細

【シネマパラダイス】青年2人の愛の葛藤を描くラブストーリー 「マティアス&マキシム」

 カナダの若手カリスマ、グザヴィエ・ドラン監督・主演作。青年2人の愛の葛藤を描くラブストーリーだ。

 30歳のマティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス)とマキシム(ドラン)は幼なじみ。ある日、友人が撮る映画で2人は男同士のキスシーンを演じるが、それをきっかけに秘めていた互いの気持ちに気づき始める…。25日公開、上映時間2時間。

 【ホンネ】これまで主に母と子をテーマにしていたドラン監督が痛いまでの純愛を真正面から描いている。友情を壊すまいと互いに避け合う2人。しかし、突然目覚めた感情を前に、あふれ出る思い、いとおしさや触れたい衝動、抑えきれない感情に苦しむ2人の思いが切なく迫る。張り出し窓でのキスシーンが官能的なのは、映画『君の名前で僕を呼んで』にインスパイアされたドラン演出の妙。★★★★☆(映画評論家・山形淳二)

★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース