記事詳細

竹内結子さん自殺か 前日夜は家族4人で夕食も…仕事、家庭、将来に不安か (1/2ページ)

 誰もがその一報に耳を疑ったのではないか。27日未明に急死した女優、竹内結子さん。40歳だった。遺書などは見つかっていないが、現場の状況から自殺とみられる。昨年2月に再婚し、今年1月には第2子の次男を出産したばかりで、前日夜も家族で食事をしており、自殺につながる予兆はなかったというが、トップ女優の心の中で何が起きていたのか。

 警視庁渋谷署などによると、竹内さんは27日午前1時50分ごろ、自宅寝室で首をつった状態でぐったりしているところを、夫である俳優、中林大樹(35)が発見。すでに意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認された。ウオークイン・クローゼットの中で発見されたとの情報もある。

 現場の状況から自殺とみられるが、前日の26日夜には中林と長男(14)、生まれたばかりの次男の4人で夕食をともにしていた。

 所属事務所は公式サイトで「あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております」と竹内さんの急死を報告した。

 竹内さんは2005年、映画『いま、会いにゆきます』(04年)で共演した歌舞伎俳優、中村獅童(48)と結婚し、長男を出産するも08年に離婚。昨年2月、映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09年)で共演した中林と再婚した。

 育児に専念するため、次男の出産後も仕事をセーブしており、ドラマや映画の撮影の予定は入っていなかった。今月1日に行われたCM発表会が最後の公の場となったが、長男が成長したエピソードを語るなど、母親の顔をみせていた。

関連ニュース