記事詳細

【終結45年 映画がみたベトナム戦争】プラトーン 食事は缶詰、夜は監視…実戦さながらの過酷撮影 (1/2ページ)

 今年はべトナム戦争終結45年に当たる。泥沼化した悲惨な戦いは、1960~70年代において、米国のカルチャーまで変えた。この戦争を映画はどう描いてきたのか。

 ベトナム戦争映画といえば、やはり「プラトーン」だ。

 クリス・テイラー(チャーリー・シーン)は貧困や差別が横行する現実に憤る若者。愛国心から大学を中退すると米陸軍に志願入隊した。だが、ベトナムの戦場で見たものは、正義など通用しない世界だった…。

 フランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」やマイケル・チミノ監督の「ディア・ハンター」のリアリティー不足に不満を抱いたオリバー・ストーン監督が、自身の体験をもとにベトナム戦争のリアルな最前線を描き出した。

 600万ドルの予算だったが、公開すれば1億3800万ドルという興行収入をあげる大ヒット。ストーン監督とチャーリー・シーンを一気にスターダムへと押し上げた。

 プラトーンというのは軍隊の編成単位で30~60人ほどの小隊を指す。

 当初はチャーリー・シーンの兄、エミリオ・エステベスが主演予定だったが、ギャランティーの問題がクリアにならず、キアヌ・リーブスやカイル・マクラクランにも断られたため、チャーリーにお鉢が回ってきたという。冷酷なバーンズ軍曹にはケビン・コスナーの名も挙がっていた。

関連ニュース