記事詳細

伊勢谷友介被告、1年前から使用再開か 大麻の常習性を露呈

 自宅で大麻を所持していたとして、29日、大麻取締法違反の罪で東京地検に起訴された俳優、伊勢谷友介被告(44)。「昨年9月ごろから使用を再開した」と供述しており、常習性が注目されている。伊勢谷被告の弁護人は東京地裁に保釈を請求、早ければ30日中にも保釈される可能性がある。

 起訴状によると、今月8日、東京都内の自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持したとされる。尿鑑定の結果、大麻の陽性反応が出たが、大麻取締法に使用罪の規定はない。

 伊勢谷被告は所持を認めた上、使用についても「昨年9月ごろから“再開”した」「リラックスするために吸っていた」と供述しており、過去にも使用していたことをうかがわせている。しかし入手先は黙秘している。

 伊勢谷被告は起訴を受け、弁護人を通じて「自身のおごり、未熟さや愚かさにより引き起こした事態で、信頼を一日でも早く取り戻せるよう努力する」との直筆の謝罪コメントを出した。

関連ニュース