記事詳細

【ぴいぷる】俳優・映画監督、斎藤工 キャリア20年、マルチな活動 アンバサダー務める「なら国際映画祭」で新作披露、移動映画館で海外飛び回る (1/3ページ)

 映画の大作やドラマへの出演依頼が殺到する今、最も旬な俳優。一方で監督やプロデューサー、写真家としての顔も持つ。俳優としてのキャリア20年を糧にマルチな才能を全開させている。

 「ただ、映画が好きで、“映画の周辺”をぐるぐると回ってきただけですよ」と照れ笑いを浮かべ、謙虚に語る。

 幼い頃から無類の映画好き。俳優界の中でも、映画についての博覧強記ぶりは随一と言ってもいいだろう。

 新型コロナウイルスによる自粛で開催が危ぶまれる中、アンバサダー(使節)を務める「なら国際映画祭」が9月に開催。映画祭を立ち上げ、2年前、初代アンバサダーに指名してくれた河瀬直美監督を応援するため、また、今回は映画監督として新作を引っ下げ、奈良へ駆け付けた。

 「大勢の人の前に立つのは7カ月ぶり。大きなスクリーンで新作を見てもらえて本当にうれしい」。その情熱は涙となってにじみ出た。

 東京都生まれ。映画製作・配給会社に勤める父の影響で、フィルムの世界に触れながら育ち、もの心ついた頃には映画界への道を志していた。

 「製作者になりたい」と思っていたが、俳優の道へ。2001年のデビュー以来、ジャンルを問わず幅広い役柄に挑み続けた。今年話題をさらったドラマ「BG~身辺警護人~」では、ボディーガード役で木村拓哉とバディを組み、来年公開予定の大作「シン・ウルトラマン」では、令和に蘇るウルトラマン役に抜擢。俳優として第一線を駆け抜けてきた。

関連ニュース