記事詳細

田中みな実、女優業“正念場” NHK重厚ドラマにドキュメントも…視聴者のキワモノイメージ払拭できるか (1/2ページ)

 元TBSでフリーアナの女優、田中みな実(33)が、12月12、19日放送のNHKドラマ『ノースライト』に出演することになった。8月に事務所を移籍し、女優業に力を入れていくとみられていたが、早くもその一歩となる重厚な作品となる。NHKのドラマでどこまで爪痕を残すことができるのか。まさに正念場といえるだろう。

 『クライマーズ・ハイ』『64-ロクヨン-』で知られる作家、横山秀夫氏の同名小説が原作。俳優、西島秀俊(49)が建築士、青瀬稔を演じるミステリー。

 共演は西島のほか、北村一輝(51)や宮沢りえ(47)、柄本時生(30)、青木崇高(40)となかなかの演技派ぞろい。

 田中は、青瀬が勤める建築事務所の事務員、津村マユミ役を演じるが、「そうそうたる役者陣の芝居を身近で体感し、たくさん吸収し、糧にしていきたいです」とコメントしている。

 今回のキャスティングを受けて、ネット上では「他に役者がいないのかね」「視聴者の興味を引くのは大切なのでしょうが…」「演技力も疑問だし、それよりもバラエティーのイメージが強すぎて浮かないか心配」といった手厳しい声が書き込まれている。

 バッシングとまではいかないまでも、女優業をやっていくには、かなり風当たりが強い状況だ。

関連ニュース