記事詳細

【中本裕己 エンタなう】がん告知めぐる中国系大家族を襲った悲喜劇 映画『フェアウェル』

 がんで余命いくばくもない祖母を訪ね、ニューヨークに住む孫娘が中国に帰郷する。アメリカでは当たり前のがん告知が、中国では行われていない。ルル・ワン監督が肌で感じた異文化の実体験をもとにした映画『フェアウェル』(公開中)。2019年、全米でわずか4館の公開からスタートし、上映館数が拡大、3週目にはトップ10入りを果たした心温まる家族の物語だ。

 中国の長春で暮らす祖母のナイナイに末期がんが見つかる。本人には告げられず、病名は付き添いの妹を通じて、海外で暮らす親戚に伝えられた。

 ニューヨーク育ちの孫娘ビリーは、残りの日々を悔いなく過ごせるよう病状を本人に告げた方がいいと主張するが、両親や親族は耳を貸さない。「中国では助からない病気は本人に告げない」「苦しみは家族で分かち合う」というのだ。

 病を本人に悟られずに会うため、従兄弟の結婚式をでっちあげて、大家族が長春に集結する。一世一代の大芝居。ハプニングの連続となる結婚式はコメディータッチで描かれるが、祖母への思いがあふれた叔父のスピーチに胸が熱くなる。人生の壁にぶつかっていたビリーは、逆にナイナイから励まされ、「生きる力」をもらう。

 がん先進国の日本でも平成の初め頃までは、告知が少数派だったが。気を遣われた当人は薄々感じるものだった。エンディングでは告知の是非よりも大切なものがあることをにおわせ、後味は悪くない。 (中本裕己)

関連ニュース