記事詳細

「ディープフェイク動画」製作者の言い分と売買成立の現実 (1/3ページ)

 技術の進歩は、多くの人々に新しい喜びをもたらすはずだ。ところが、それを利己的な理由で悪用して利益を得るだけでなく、法の整備が追い付いていないのをいいことに、悪いことはしていないし誰も被害者はいないと屁理屈を重ねる人たちがいる。ライターの森鷹久氏が、ディープフェイク動画を取り巻く困惑するしかない状況についてレポートする。

 * * *

 ディープフェイクとは、AI(人工知能)による「ディープラーニング(深層学習)」と「フェイク(偽物)」を合わせた造語だ。この「ディープフェイク」の技術を用いれば、例えば著名な政治家や芸能人に似せた映像を用い、実際には本人がやっていない過激な言動させたように見せ世論を誘導する、といったことも可能になる。

 アメリカではすでに、大統領や有名実業家のディープフェイク映像が出回り物議を醸していたが、日本で出回っている「ディープフェイク」は、そのほとんどがアダルト物だ。とはいえ、かつて流行したアイコラ、芸能人(アイドル)の顔写真だけをセクシーな写真に貼り付けた不自然さが残るものを想像し、そんな低いクオリティのものをまともに受け取る人は誰もいない、と思うのであれば、それは認識が甘すぎる。AIに表情などを学習させることで、偽動画とは思えないほど違和感なく仕上がるようになった。その完成度は年々高まっており、今では一見するだけで偽物か本物か、全く区別がつかないような偽動画まで出回っているのである。

 昨年6月、筆者は「ディープフェイク」のアダルト映像について記事に取り上げ、これからどんどん、そうした偽映像が世の中に出回って行くだろうと書いた。その際、ディープフェイクの製作者にも話を聞き、悪びれていない様子を記している。

NEWSポストセブン

関連ニュース