記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】まるで『モスラ』の双子の小美人 今で言う「フィギュア」 (1/2ページ)

 「人は顔じゃない。心だ」

 とはいうものの、喋ったこともない人を判断する時、顔や体型がその基準となってしまうのは仕方ない。

 基準といっても人それぞれ。気質や性格、育った環境なんてものが、好き嫌いを決める要因であるとすれば「オレ、あの顔が好きなんだよね」とか、「私、ガリガリの人がタイプ」なんて言う人を、「えーっ!?おかしいんじゃないの!」と、頭ごなしに否定するのは間違っている。

 よほど、その考えが気に入らなかった者が、かつて“タデ食う虫も好き好き”なんて言葉を作ったのであろう。ちなみにタデとは、辛い葉のことである。

 まだ、世にTENGAなるオシャレなオナニー用グッズがない時代。それは“シビれフグ”なんて呼ばれた地方の土産物テイストのものだった。

 女性用のそれ、バイブはどんどん進化を遂げたが、男性用は穴が開いた筒状のものだったら何でもいいんだろと、ないがしろ。

 でも、それではあまりに寂しいと考案されたのがオナホールってやつ。

関連ニュース