記事詳細

【ぴいぷる】ジャニーズ最強筋肉!A.B.C-Z塚田僚一「次はアクション映画に出たい。スタントなしで!!」 (2/3ページ)

 小学6年で晴れて事務所入りするが、その身体能力ゆえに独自の道を歩んできた。

 「チケットが取れない」と言われる「A.B.C-Z」のコンサート。アクロバティックな演出がファンの心をつかんで離さない。実はこの演出をコーディネートしているのが、この人だ。

 コンサート会場の花道を連続バク転(後方回転)で登場するのが恒例行事で、毎年その記録を更新中。「30回はクリアできます」というから驚かされる。

 映画にドラマにそしてコンサート。一呼吸入れる時間がないほど忙しい。

 「次はアクション映画に出たい。スタントなしで、すべて自分でやりたいんです」

 子供の頃に影響を受けた映画は香港のアクションスター、ジャッキー・チェン主演の「ポリス・ストーリー」。では、目標とする俳優はジャッキー・チェン?

 「ジャッキーも好きですが、ジェット・リーのようにセリフを一切語らず寡黙に戦う役にチャレンジしたい」

 映画「少林寺」で俳優デビューした中国武術のチャンピオンの名を挙げ、その覚悟のほどを熱く訴えた。

 性格の明るさは誰にも負けない。「A.B.C-Z」の中でも、ひと目でムードメーカーだと分かる。

 5人が“応援屋”を演じる「オレたち応援屋!!」の中でも、誰からも愛されるキャラクターで登場。元気はあふれるものの、依頼人から集金できず、ひんしゅくを買う…。そんな撮影現場での姿に、「塚ちゃんそのものでしたよ」と共演したメンバーの河合郁人が明かす。

関連ニュース