記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】『1/2の神話』発売前にワーナー“お家騒動” 新レコード会社にスタッフ引き抜き、明菜の移籍交渉も (1/3ページ)

 1983年の音楽業界は、中森明菜『セカンド・ラブ』で明けたといっても過言ではなかった。しかし、一方で新曲『1/2の神話』の発売が2月23日に決まり、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)では、クロスする形で宣伝や販促体制を組んでいた。

 そんな中、明菜を担当する邦楽宣伝課のプロモーターは、デビュー前から担当してきた富岡信夫(現モモアンドグレープスカンパニー代表取締役)に、新たに田中良明が加わった。今でこそ田中は『処女刑事』シリーズや『極道刑事-キングメーカーの野望-』などを手がける人気作家「沢里裕二」として活躍しているが、その頃は売野雅勇と同じ広告代理店のコピーライターからワーナーに転職し、同課に配属されていた。田中は振り返る。

 「中森のプロモーターを担当するとは夢にも思っていませんでした。ただ、82年の新人賞レースを見ていて、実績とは裏腹に苦杯をなめ続けていたことは私自身も悔しい思いだったので、就いたときはキチンと賞を取らせてやりたいという意気込みでしたね」

 しかし『1/2の神話』の発売を前にワーナー内で思わぬ“お家騒動”が勃発した。そこで取り沙汰されたのが「中森明菜移籍」だった。当時を知る関係者は「ワーナーの企業背景が絡んでいました。そこに明菜が巻き込まれてしまった。ただ、この騒動はワーナー存続にも関わる深刻な問題でした」と語る。

関連ニュース