記事詳細

歌舞伎界支えるクラウドファンディング 応じたファンにはうれしいリターンも、松竹が実施 (1/2ページ)

 コロナ禍が続く中、映画や演劇の世界でクラウドファンディング(CF)を目にすることが多くなった。今や資金調達の主流となっているCFだが、実は歌舞伎の世界でも重宝されているというのだ。伝統文化を支えるのは、やはり市井の人たちなのだ。 

 松竹は2012年から継続的にCFを行っている。「演劇史を紐解く、歌舞伎座の絵本番付と筋書を後世へ。」と題された現在進行中のプロジェクトで第9弾。締め切りは今月28日だが目標額の250万円はすでに達成し、先週末には300万円も超えたという。

 松竹が運営する松竹大谷図書館は演劇、映画専門の私立図書館でプログラムや写真、台本など貴重な資料を49万点以上も保管している。今回は1890(明治23)年から1944(昭和19)年の歌舞伎座の「絵本番付」と「筋書」をデジタル化するための資金を集める。

 CFには3000円から参加できて、5万円コースのリターンは記録映像上映会付きの図書館見学会に参加できるというもの。1万円コースならば、永久保存される歌舞伎・新派・松竹新喜劇や映画の台本カバーに支援者の名前が入る。

関連ニュース