記事詳細

【立川志らべ 週間BSマップ】レジェンドが熟練の技で難関コース攻略 BS-TBS開局20周年記念番組「プロゴルファー生誕100年青木・中嶋・倉本ドリームチャリティゴルフ」 (1/2ページ)

 ■10月30日(金)午後9時 BS-TBS

 1920年、日本に初めてのプロゴルファー・福井覚治さんが誕生してから大正、昭和、平成、令和と歴史を積み重ね、日本のプロゴルフ界は今年で100年を迎えました。

 私は本格的にコースに出たことないのですが、小学生の時に漫画「あした天気になあれ」を読み、家の庭に小さなパターゴルフコースを作り、自ら作った木製のパターで近所の子供たちと遊んでいたので、偏った知識だけはあるんですな。大師匠である立川談志がゴルフ嫌いであったために、立川流で「ゴルフが好き」とは言えなかったという歴史もありますが…。

 私が小学生の時の男子プロゴルフ界と言いますと青木功、中嶋常幸、尾崎将司、倉本昌弘、といった面々が主に活躍されていました。今でもその時代の選手を見るとホッとしますねえ。そんな私みたいな人間にとってうれしいのが、30日午後9時からBS-TBSで放送される、BS-TBS開局20周年記念番組「プロゴルファー生誕100年 青木・中嶋・倉本ドリームチャリティゴルフ」です。

 青木功、中嶋常幸、倉本昌弘の永久シード保持者3人がチャリティマッチに挑む番組です。舞台は、太平洋クラブ御殿場コース。ツアー屈指の難関コースをレジェンドたちが力を合わせ熟練の技で攻略していきます。

関連ニュース