記事詳細

紅白歌合戦、高視聴率の期待 紅組司会・二階堂ふみの歌唱はあるか? 白組の大泉洋には不安も…嵐はパフォーマンス専念

 大晦日恒例の「第71回紅白歌合戦」(NHK)の司会者が決まった。

 総合司会は4年連続4回目となるウッチャンナンチャンの内村光良(56)と同局の桑子真帆アナ(33)。白組司会は大泉洋(47)、紅組司会を二階堂ふみ(26)が務める。

 「新型コロナウイルスの影響で、残念ながら今年の紅白は史上初の無観客になることが決まっています」(スポーツ紙記者)

 テーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。

 「大泉さんは18年からNHKの音楽番組「SONGS」で毎回ゲスト歌手と対談していますが、相手の魅力を引き出すトークが好評です。唯一の心配点は生放送で尺を守れるかということ。台本通りとなると大泉さんの良さが出し切れませんからね。二階堂さんは、今年3月から放送されている朝ドラ「エール」でヒロインを好演。劇中では見事な歌唱も披露しているだけに、同作で共演の薬師丸ひろ子さんとの“競演”も期待されています」(前出・スポーツ紙記者)

 白組の司会がジャニーズ以外となるのは07年の笑福亭鶴瓶以来だが、年内でグループとしての活動を休止する嵐は、歌唱パフォーマンスに専念するものとみられる。

 自宅で年越しを迎える人が多いとみられ、視聴率も期待できそうだ。 (zakzak編集部)

関連ニュース