記事詳細

ジャニーズ“長男坊”に解雇危機 近藤真彦、25歳下女社長と不倫 『文春』報道

 25歳年下の女性社長(31)との5年にわたる不倫疑惑を『週刊文春』に報じられたタレント、近藤真彦(56)。ジャニーズ事務所の“長男坊”として、若いタレントのお手本となるべき存在だけに衝撃も大きい。

 文春によると、2015年3月、共通の知人を介して知り合ったという2人。先月29日にも沖縄最大級のリゾート地でゴルフ旅行を楽しんだと報じられた。

 ここで注目されるのが近藤に何かしらの処分が下されるのかということ。最近のジャニーズ事務所は、不祥事が報じられた若いタレントには厳しい処分を下しているからだ。

 「滝沢秀明副社長(38)はスキャンダルを嫌います。ステイホームを守らなかった元NEWSの手越祐也(33)も、未成年女性との飲酒を報じられた山下智久(35)も謹慎処分になり、その後退社しています。不倫疑惑が報じられたジャニーズJr.のメンバーも退社に至っています」と音楽関係者。

 さらにこう続ける

 「近藤が功労者であることは疑いのない事実。しかし若手の見本となるべき立場にもかかわらず、内容が事実かどうかは別にして、こうした報道をされたこと自体が問題。脇の甘さは否めません。世代交代が進む中、このままおとがめがなければ、若手にも悪影響が出かねません」

 果たして事務所は決断できるのか。

関連ニュース