記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】ソニーの「PS5」を早く手に入れた~い!! テレビにホームシアターも買い替え検討「他社製品の見積もりにしてもいいんですよ」 (1/2ページ)

 全世界注目のゲーム機であるソニーの「プレイステーション5(PS5)」が12日、発売されました。

 発売日が発表されてから全国の販売店では購入のための抽選が大々的に行われ、ゲーム好きの人間がこぞって応募しました。私の知り合いでも5店舗に応募してすべてハズレてしまう程の激しい競争率。私もどうしても発売当日に入手したい気持ちが強いので抽選に応募しましたが、見事にハズレました。

 発売から間が開けば必ず入手できるブツなのですが、どうしても発売当日に入手したい。ゲームに興味がない読者の方にこの気持ちは理解できないと思いますが、この感覚は「銭湯は一番風呂じゃなきゃ気がすまねぇんだよ!」やら「女房、子供を質に入れてでも初ガツオを食わなきゃ気がすまねぇ」というのと一緒の感覚なのです。

 「抽選に当たらないし、お店で買えないなら転売屋からでも買ってやる!」と居直ってみたのですが、転売界では5万円のPS5がウン十万の値を付けていたので、バカバカしいと諦めました。

 ガッカリしている私に妻は「別にPS5じゃなくてもいいじゃない! だってPS4がうちにあるんだし」と理解を示してくれません。「新しい5じゃないと駄目なんだよ!」と反抗しても「任天堂のスイッチだってあるじゃないの! まったく、ゲームばっかり」と突っぱねます。「それは、それ、コレはコレなの!」とおもちゃをねだる駄々っ子のような私。まぁ実際におもちゃをねだってるのですが…。

関連ニュース