記事詳細

“NHKの顔”桑子アナ、紅白が独立の花道に? 有働アナも名前と顔のお茶の間浸透がフリー後押し (1/2ページ)

 今年の大みそかに放送される「第71回NHK紅白歌合戦」で内村光良(56)とともに総合司会を務めるのが同局の桑子真帆アナ(33)。“NHKの顔”として、2018年以来の登板となるが、一方では独立話が取り沙汰されている。

 桑子アナの出演は、17、18年に続いて3回目となる。

 「総合司会を担当した女性アナとしては、4年連続で務めた有働由美子アナ(51)に次ぐ回数になります。今年は無観客ということで、これまでにない展開となるわけですから、内村との連携も含めて桑子アナが再登板となりました」と音楽関係者。

 “NHKの顔”となった桑子アナだが、エースアナの座をめぐっては、1年後輩で『ニュースウオッチ9』でキャスターを務める和久田麻由子アナ(31)としのぎを削っている。

 今年の春、『おはよう日本』と『ニュースウオッチ9』で、桑子アナと和久田アナがキャスターを交代するという“大型トレード”が話題を集めたことでも分かるように、この2人が現時点でNHKの女性アナのツートップであることは疑いようがない。

 「昨年の紅白の総合司会は和久田アナが務めましたが、『ウオッチ9』での評判も高く、NHKは報道部門でのエースアナとして育てていく方向のようです。このため、今年の紅白の構想からは外れたというわけです。時間にかなり制約のある紅白では、そつなくこなす和久田アナのほうが進行力は確か。それでも桑子アナを起用するのは、桑子アナと和久田アナを2枚看板のエースとみていることの証左です」とはNHK関係者の弁だ。

関連ニュース