記事詳細

MCの志らくもどうかと思うが…“すぐ泣く”小林麻耶にも厳しい声 「グッとラック!」騒動で二度目の引退危機

 フリーアナウンサーの小林麻耶(41)が二度目の引退危機に陥っている。

 「小林さんは「グッとラック!」の木曜レギュラーを務めていましたが12日は突如欠席しました」(スポーツ紙記者)

 同番組は、先月29日の生放送で、乳がん治療を中断して不妊治療を再開しただいたひかるを特集。その際、MCの立川志らくが、「母親がいないとね、子供にとっては不幸な事」と発言、小林が涙ぐみながら反論していた。

 「志らくさんの発言もMCとしてどうかと思いますが、すぐに泣く小林さんにも厳しい声があがっていました」(前出・スポーツ紙記者)

 12日早朝、夫でタレントの「あきら。」とYouTubeチャンネルに元気に出演した小林は、「私、昨日午前中に、突然番組の降板を言い渡されて、今日出演できなくなりました」とぶっちゃけた。理由は「ファッションコーナーのスタッフさんにいじめを受けていまして、耐えられずに今週の火曜にあったロケに行かないっていう決断をしたからなんです」「事務所社長がいじめから守ってくださらなかった」などと主張した。

 これに対してTBSはいじめを否定、所属事務所も「正常なマネジメント業務を行う事が困難」と小林との契約終了を発表した。

 「小林さんは、18年7月に結婚し、その翌月芸能界引退を宣言しましたが、その舌の根も乾かぬ翌年には芸能活動を再開していました。今回の騒動で事実上の引退となる可能性が高い」(前出・スポーツ紙記者)

 グッドラックとはいかない。 (zakzak編集部)

関連ニュース