記事詳細

【編集局から】元AKB・野呂佳代さんが婚約 駆け出しから体を張り続け…ようやくつかんだ幸せを心から祝福したい

 元AKB48の野呂佳代さん(37)が18日、テレビ番組で5歳上のマスコミ関係者と電撃婚約を発表しました。

 国民的アイドルグループの草創期を支えた同世代で、グループ卒業後は女優に転身した大島優子さんとは対照的に、野呂さんが選んだのはバラエティー道。その片鱗を当時、芸能記者として生で目撃したのは、漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」への出場です。

 2007年秋に同期メンバーとコンビ結成。ラフォーレ原宿にほど近いファストフード店で打ち合わせをして本番に臨み、「アイドル界の今いくよ・くるよです!」「1回戦で落ちたら週刊誌のグラビアで脱ぐしかなかった」などのネタを披露しましたが、残念ながら2回戦の突破はかないませんでした。

 現役アイドルの参戦は超異例。それだけでインパクトは十分でしたが、さらに衝撃的だったのは取材対応が建物内の階段の踊り場だったことでした。買い物客が遠目に見守るなか、本番のネタに匹敵するようなコメントで笑いを誘う姿が印象に残っています。

 あれから13年。駆け出しから体を張り続けた彼女が、ようやくつかんだ幸せを心から祝福したいと思います。(運動部・山戸英州)