記事詳細

女子アナの出身大学の変遷 ミス出身から元タレントの時代へ (1/2ページ)

 就職活動における「学歴」は、絶対的ではないがある程度の目安となる指標である。では、会社員でありながら芸能人と同等の注目を集める女子アナの就活と、学歴はどれほど関わってくるのか。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏の協力のもと、1980年代~2020年までの主要女子アナを中心に、民放キー局5局とNHKの300人の学歴を集計。メディア業界には早慶出身者は多い傾向があるが、女子アナでも圧倒的1位は慶應大学の87人。早稲田大学が44人で2位に続いた。

 「早慶に加え、ミス・ソフィアの上智大、青山学院大、女子大などの“お嬢様イメージ”のある大学が上位を占めています。女子アナには華やかさが求められるので、ぴったり合った特性を持つ学生が多く、採用人数も多くなっているのでしょう。そうした女子アナのアイドル路線とは別に、最難関の東大やマスコミ人を多く輩出する法政大など、報道を目指す硬派路線の採用も多い印象です」(丸山氏)

 一方、私大や難関国立が多い傾向に反して、数人しか女子アナが出ていない地方大学もある。2000年代後半以降、地方大から積極的に採用したのがフジテレビだ。

 「2007年に福岡大卒のショーパン(生野陽子アナ)、2008年に国立音楽大卒のカトパン(加藤綾子アナ)、2010年に岡山大卒のヤマサキパン(山崎夕貴アナ)を採用し、いずれも人気女子アナとなりました。300人を調べたデータの中でも、国立音楽大と岡山大は2人、福岡大は1人しか女子アナがいない“超マイナー校”です」(丸山氏)

NEWSポストセブン

関連ニュース