記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】視聴者に響かずアンジャ渡部の会見 「ガキ使」日テレは危機管理アウト

 今年6月、“多目的トイレ不倫”で活動自粛中のお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(48)。3日開いた謝罪会見はしどろもどろの弁明ばかりで、「視聴者には響かなかったのではないでしょうか」と週刊誌記者。

 渡部本人は認めるわけにはいかないが、会見自体が、渡部の出演が報じられた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の大みそか特番とリンクしているとみられても致し方のないタイミングだった。

 「それ以上に気になったのは、今週あった日本テレビの社長会見です」とスポーツ紙芸能担当記者は指摘する。渡部に関する質問が出たという。

 「日テレ幹部はゲストが誰が知らないとの反応でした。番組の性質上、出演者を明かせないのは仕方がない。しかし、本当に知らなかったのなら、危機管理的にアウト。そして知っていて起用をOKしたとしてもやはりアウトでしょう」と先の記者は指摘する。

 ダウンタウンの松本人志(57)はツイッターで「オレと渡部の共演は当分ないと思うよ~」とイミシン投稿。お蔵入りが濃厚だが、その答え合わせは大みそかまで待つしかない。

関連ニュース